海外旅行の準備 トップ › 海外旅行時の服装について

- 海外旅行時の服装について -

海外旅行に行く場合、持って行くものなど、いろいろと揃えなければいけないものが出来ていますが、服装に関するものも、そのひとつだと思います。
服装を考える状況のパターンは、空港に着くまで、飛行機の中で、現地についてホテルまで、ホテルにいる間、観光している時、が主だと思います。
空港に行くまではそれほど深く考えともいいかもしれませんが、旅行先と日本との気温差が大きい場合、空港までの服装は旅行中は荷物になってしまいますので、かさばるコートなどがある場合は見送りに来てくれた人に預かってもらうか、空港のロッカーや荷物預かり所に預けるといいかもしれません。

飛行機の中では、出来るだけリラックスできる服装であることが快適に過ごせる秘訣です。
ゆったりしたソックスやパンツなどを用意しておき、必要があれば機内のトイレなどで着替えるといいでしょう。

そして旅行先の現地での服装ですが、海外旅行の行く先にもよると思いますが、大抵の場所において、よく日本国内でありがちな、ブランド品に身を包んだ服装はできるだけ控えたほうがいいでしょう。
高価なものをもっていることと、さらに旅行慣れしてない雰囲気を察して、スリや泥棒に狙われやすくなります。
旅行慣れしている人は出来るだけラフな格好をして、スリの目に留まらないよう、また活動しやすい服装をしていることが多いです。
また海外旅行先では、当然日本と気象状況が違い、また平均気温だけでなく、日中と夜間との温度差や、雨が降りやすい、あるいは日差しが強いなど、変化が激しいことがありますので、気軽に羽織れるものを用意して温度調節をできるようにしておくと便利です。

その他、事前に現地の情報を調べておき、可能ならできるだけ現地のひとに近い格好をするのが一番です。
この方法は防犯の意味でも有効ですし、また現地に溶け込むことでより深く旅行を楽しむことも出来そうです。